家族葬を選ぶとき

家族葬の基本は家族中心の小規模な葬儀

最近は、家族や自分の葬儀は「家族葬」で、と考えている人が増えてきました。家族葬は「家族やごく親しい人で見送る小規模な葬儀」といえますが、先にも述べましたがそのスタイルはさまざまです。

子や孫だけのほんとうに身内だけでシンプルに故人を送る葬儀もあれば、親戚やごく親しい人には知らせて数十人で行う家族葬もあります。

また、少人数でも僧侶を依頼して読経をしてもらい、参列者が焼香をする儀式を取り入れ場合も多くあります。宗教的な儀式はいっさい行わない場合もあります。

家族葬を執り行う場合は、どのような葬儀にしたいのか、具体的な希望を葬儀社に伝える必要があります。希望を実現させるためには、できれば生前から具体的なプランを準備しておくことが望ましいでしょう。

故人の社会的な立場や年齢も考慮に入れる

家族葬を選択するにあたっては、「だれの葬儀なのか」ということも大きくかかわってきます。亡くなったのが家族の場合は、故人が家族葬を望んでいたのか、ということも考えに入れたいものです。

自分の葬儀を家族で行ってもらいたい場合は、生前予約をするなど、エンディングノートや文書に書くなどして、残された家族に意志が明確に伝わるようにしておきましょう。

家族葬を反対する家族や親戚が出てきたときにも役立ちます。家族の了承を得ておくことも必要です。たとえば亡くなった人が90代と高齢で、葬儀に参列できる友人・知人も少ないような場合は、家族葬を選んでも問題はないかもしれません。

しかし、亡くなった人がまだ若く、故人との最後の別れを希望する友人・知人がおおくいる場合は、その人々が故人とのお別れができなかったのを残念に思うこともあります。

故人や遺族の思いは大事ですが、故人が生涯をかけて築いてきた社会的なつながりも配慮が必要です。

親戚づきあいへの配慮も必要

家族や親戚の中に、しきたりや形式を重んじる人、立派なお葬式こそ故人のため、と考える人がいるかもしれません。

このような人がいる場合、家族葬に反対される場合もあります。反対を押し切って葬儀を行った結果、その後の親戚づきあいにひびが入ることも考えられます。

また、親戚には知らせずに家族だけで葬儀を行い、終わってから親戚に知らせた結果、「なぜ、知らせなかったのか」と責められるばあいもあり、注意が必要です。