家族葬のプランニング

予算決めと会場選びが重要である。

家族葬のプランを考えるときに、最初に考えなければならないのが何を優先するかです。

①「身内だけでしずかに過ごせる会場でゆっくりと別れの時間を過ごしたい」「にぎやかなことが好きだったから、好きな音楽をかけて。みんなで酒を飲みながら思い出を語り合いたい」などといった希望であれば、周囲を気にせずに家族葬が行える会場選びが重要になってきます。

家族で静かに過ごしたくても、同時に複数の葬儀が行われるような斎場や、隣の音が聞こえる様な会場では思いどおりの家族葬は実現できません。

②「とにかくお金はかけず簡素に、でも心を込めて送りたい」と考える人もいるでしょう。葬儀社に依頼する前に、どのくらいの費用をかけるかも考えておきます。

予算の総額、費用をかけたい項目、省いていい部分など、希望をしっかり葬儀社に伝えてプランを作成してもらいましょう。

ただ、葬儀のことに不慣れ人も多いと思います。どんなプランがあるのか、だいたいの費用は、費用はあんまりかけたくないなど不安があります。

そんなときに、365日、24時間受付対応をしてくれるネット葬儀社が頼りになります。NHKなど多くのメディアにも紹介されている「よりそうのお葬式」を紹介しているサイトです。また、事前に資料請求を行えば一般的な葬儀の内容などもわかり、いざという時のためにもなります。一度ご覧なってみてはいかがでしょうか。

複数の葬儀社に相談して比較検討を

故人の人生や趣味、仕事などをしのぶことができる写真や愛用の品を祭壇や棺のそばに飾ったり、最後のお別れでは孫たちが手紙を読んだり、子や孫が楽器を演奏したり、時間に追われる一般の葬儀ではできないことも家族葬では可能です。

希望どおりの葬儀を実現するためには葬儀社選びが大事です。できれば数社の葬儀社事前相談をして比較検討し、見積もりを出してもらいましょう。

「家族葬」という名前のプランがついていても、葬儀社によっては解釈に違いがあるので注意が必要です。

トラブルを防ぐために注意しておきたいこと

①葬儀に参列する「家族」の範囲

故人の子、孫などの家族としての最小単位でのみ葬儀を行うのか。その他の親族にも参列してもらうのか。個人とごく親しかった友人には知らせるかなど。

親戚に関しては、参列してもらわない予定でも「亡くなったこと」「どのような家族葬を行うのか」、そして家族葬を行う理由は、葬儀前に伝える方がよいでしょう。

②宗教者を依頼するかどうか

僧侶を依頼しなければ、読経や戒名のお布施の分の費用は抑えられますが、菩提寺がある場合は戒名がないと納骨ができないこともあります。

③香典を受け取るか

親族や親しい人を呼ぶ場合は、供物や香典を受け取るかどうかも決めておきます。受け取らないと決めていても、近い親戚からの香典は断れなかったということも多いようです。

香典を受け取らない場合、葬儀費用の負担が重くなります。

まとめ

家族葬を執り行うための主なポイントです。これらを是非、参考にしてスムーズな家族葬を執り行いましょう。