家族葬を行った場合の友人・知人へのお知らせ

葬儀後の死亡のお知らせ

家族葬を行った後、友人・知人など、どのくらいの範囲まで、亡くなったことを知らせるかも、決めておきましょう。

死亡のお知らせは手紙かはがきで、なるべく早くお知らせした方がいいでしょう。お知らせには「死亡した日、親族のみで葬儀を行った理由と亡くなったことを知らせなかったことへのお詫び、生前お世話になったことへの感謝」などをつづり、喪主と家族の連名で出します。

お知らせを受けて、弔問を申し出る人も予想されます。その対応をどのようにするかも考えておいた方がいいでしょう。また、「供物・香典」を辞退する場合は、お知らせに記載した方がいいでしょう。

後日、お別れの会を考えているのであれば、その案内も添えるといいでしょう。

お別れの会・しのぶ会

家族葬を行ったあと、故人の友人・知人・お世話になった人などを招いて「お別れの会」を開くこともふえている。

お別れの会は、遺族代表(喪主)が主宰者となり、死後2週間から1カ月後くらいに行うことが多いようです。また、友人・知人が主宰者となって「送る会」や「しのぶ会」などを開くこともあります。この場合は会員制で行われることもあります。

場所は斎場のほか、寺院の会館やホテルの宴会場、レストランなどが多く使われています。

「お別れの会」や「しのぶ会」では、祭壇に遺骨や遺影を飾り、献花などで故人とのお別れの式を行い、その後、食事をしながら故人をしのびます。

まとめ

家族葬の場合は、友人・知人の方は亡くなったことをご存じでない方が多いので、生前、お世話になった感謝を込めてお知らせした方がいいですね。また、一般の葬儀に代わって「お別れの会」「しのぶ会」を執り行うことで友人・知人の方も一つの区切りとしてお別れができるのではないでしょうか。