香典返しと忌明けのあいさつ状

四十九日を目安に送る香典返しとお礼状のしきたりについて紹介します。

香典返しは忌明けを迎えるころに送る

香典は、本来はお返しの必要のないものですが、現在は香典返しを送るのが一般的です。

仏式では、通常三十五日か四十九日の忌明けを迎えたころ、神式では五十日際の忌明けを迎えたころに送ります。キリスト教では、もともとは香典や香典返しの習慣はありませんでしたが、仏式や神式にならって、「御花料」を頂いた人には、死後1カ月後の昇(召)天記念日や記念式に、記念の品を送ること通例となっています。

香典返しの金額は

香典返しの金額の目安は、いただいた金額の3~5割です。香典の額には開きがあるので、香典の額に応じて、いくつかに分けて品物を選ぶ方法もあります。また、金額にかかわらず一律のものを送る方法もあります。

特に高額の香典を頂いた人には、目安にはこだわらずに、少し高価なお返しをすればよいでしょう。

品物は、以前は後まで残らないものが一般的でしたが、最近では多様化しています。例えばお茶、のり、菓子、タオル、シーツ、毛布、石鹸、などのほか、品物を選べるカタログギフトもよく使われています。

かけ紙と表書きは宗教に合わせる

かけ紙は、仏式では黒白かグレーの結び切りの水引を印刷したものに、表書きは「志」または「忌明志」とするのが一般的です。

関西では黄白の水引に「満中陰志」とすることもあります。

神式では、銀一色又は黒白の結び切りの水引に、表書きは「志」または「偲草」「しのび草」とします。

キリスト教での表書きは「昇天記念」(カトリック)、「召天記念」(プロテスタント)、「感謝」「志」なども使われています。

あいさつ状は宗教に合わせる

香典返しには、会葬の御礼と忌が明けたことを報告するあいさつ状を添えて贈ります。あいさつ状は奉書紙1枚に薄墨で書いたものを奉書の一重の封筒に入れるのが一般的です。最近は、洋型のカードを洋封筒に入れるタイプもあります。

文面は、デパートや専門業者に何種類かの文例があり、故人の名前や戒名、日付、喪主名等を入れて印刷するだけになっているので、宗教に合わせて選びます。なお、喪主が自分で書いた文面を印刷することもできます。

なお、あいさつ状に句読点がないのは、毛筆でしたためていた名残です。