納骨

四十九日もしくは一周忌を目安に納骨式を行う。

一周忌までに納骨をすませるのが一般的

納骨の時期に決まりはありません。仏式では四十九日の法要とあわせて行うことが多いようですが、葬儀当日に初七日と四十九日の法要をあわせて行って、墓地への埋葬をすませてしまう地域も多くみられます。一般的には初七日から四十九日までの7日ごとの供養のうち、いずれかを選べばよいとされています。

墓がない場合は、一周忌を目安に墓を用意して納骨します。遅くとも三回忌までには納骨をすませる。

納骨

納骨式の日程を決め、石材店に依頼を

仏式では僧侶に依頼して「納骨式」を行います。納骨式はあまりおおげさにはせず、故人の近親者と、ごく親しい友人・知人等を招いて行います。墓を新しく建てるときは、納骨式の前に「入魂式」を行う。

納骨式の日程は僧侶と相談のうえ決めます。忌明けの四十九日の法要の日に納骨を行う場合は、寺院の本堂などで法要を行い、その後墓地に出向いて納骨式を行います。

葬儀の際に、葬儀社に僧侶を紹介してもらった場合は、また葬儀社に依頼することもできます。

納骨の際には、納骨室の蓋をあけるので、事前に墓地の管理事務所と石材店に連絡して準備をしてもらいます。石材店には墓石か墓誌への戒名の彫刻も依頼します。

卒塔婆供養の依頼と会食、引き物の用意

浄土真宗以外では、納骨式当日、施主や参列者が供養に卒塔婆を立てるしきたりがあります。前もって寺院に卒塔婆供養をしたい人の人数と氏名を伝えて依頼します。

卒塔婆料は、寺院により規定があるので確認し、まとめて奉書紙に包むか白封筒に入れて「御塔婆供養料」と表書きし当日、僧侶に渡します。

納骨式のあとは僧侶と参列者を招き、自宅や寺のほか、料亭やレストラン、ホテルなどで、会食の宴を設け、引き物を渡すのが一般的です。

納骨式の当日は「埋葬許可証」を忘れずに

当日は遺骨、遺影、位牌とともに、「埋葬許可証」と認印を忘れずに持参します。遺骨は故人の配偶者か、配偶者がいない場合は故人と最も血縁の深い人が運びます。遺族は喪服を着用します。

納骨式では施主又は遺族の代表が遺骨を納骨室に納めたら、卒塔婆を立て、墓前に祭壇を置きます。僧侶の読経のあと、一同が焼香して冥福を祈ります。

式の後の会食の席では、施主は参列に対するお礼のあいさつをします。僧侶へのお礼は奉書紙に包み「お布施」と表書きします。僧侶が宴席を辞退する場合は「御膳料」を、僧侶に寺院以外の墓地に来てもらた場合は「御車代」を包みます。